カメラがパワーアップしたので毎日100枚くらい撮ってるtabatyです。







春です。

春と言えば花見かわいいかわいいかわいい













ってことで・・・















花の寺に行ってきました。















勝持寺です。

花の寺と呼ばれる勝持寺は、天台宗の寺。白鳳8年(680)、天武天皇の勅願で神変大菩薩役の行者が創建したのがはじまりで、延暦10年(791)、最澄が堂塔伽藍を再建し、薬師瑠璃光如来を刻んで本尊としたと伝わる。瑠璃光殿に安置されている本尊の薬師如来、その胎内仏、金剛力士像は重文で、日光、月光菩薩、西行法師像も見られる。平安歌人の西行は、保延6年(1140)、この寺で出家し、西行と名を改めて庵を結び、一株の桜を植えて吟愛したという。その桜を西行桜といい、この寺を花の寺と呼ぶようになった。高遠閣からの眺望が美しく、桜や紅葉の名所でもある。

以上、すべてコピペ





























花の寺と言われるだけあります。























が、




























咲き始めでつぼみ〜〜〜〜悲しい























皆さん、開花情報をちゃんと見ていった方が良いですよ〜〜























まあ、ちょこちょこ咲いているので庭の雰囲気を楽しむこととします。















部分部分は咲いていますね〜〜〜楽しい














やっぱり、庭は落ち着きます。
















鐘とか、
















池とか、


















おぼっちゃまんくんとか。

























小一時間、久々の寺を楽しんだ後、



















何故か、























長浜まで行ってしまいました・・・(メチャ遠い)















黒壁スクエア


黒壁スクエアは、滋賀県長浜市旧市街にある黒漆喰の和風建築である黒壁1號館から30號館までの総称であるが、一般に北国街道と大手門通り(美濃谷汲街道)の交差点(スクエア)である「札の辻」(江戸時代に高札が立った場所であることに由来)を中心とする区域として紹介されることが多い。

江戸時代から明治時代の和風建造物の連続性が高い情緒ある町並みとその古建築を活用した美術館、ギャラリー、ガラス工房等の文化施設、レストラン、カフェ等が集積するエリアで、また日本最大のガラス芸術の展示エリアとして知られ、年間約300万人の観光客が訪れる湖北随一の観光スポットである。

以上すべてコピペ


















黒壁スクエアと言えば、ガラス工芸。



















ガラスインコもいました。



















古い町並みを歩いていると、気になるものを発見見る

























日本一の万華鏡!?

こいつは超期待です。




























どれどれと覗こうとすると、
こんなところにtymuraとkuramoty!?びっくり!?
























































ちょっと似てただけでした・・・





























気を取り直して覗いてみると、























おお〜〜〜〜!!!

スゴイスゴイ!!!

かなりデカイですが、普通の万華鏡と同じ様に模様が変わっていきます。





ちょっと感動。

首が疲れるのが難点です。















あの上の羽みたいなので模様を変えてるみたいですね〜〜。













万華鏡を楽しんだ後、一番気になっていたところに辿り着きました。















海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
















チケットを買うとコインをもらえるのですが、それで記念品の入ったガチャガチャが出来ます。













中身は・・・















ドン・キホーテ(微妙)、
だったのでkuramotyにあげました。















歴代のチョコエッグに始まる食玩のフィギュアがすべて並んでいて圧巻。

インコがあったと知っていればかなり買っていたと思います。















う〜ん、oshimanの気持ちが少し分かったような気が・・・するかも!?

※注:HALちゃんは人形ではありません。















他にも、















ハイジとクララとか、















士(サムライ)が集めてそうな和風な感じのものや、
















本郷猛もあります。




















すごいものがありました。
























この恐竜の足は、


















映画「ジュラシックパーク」で使用した本物らしいです!!!

さすが世界の海洋堂。


















すごい技術に感動してると、





















ん!?見る




























こんなところにoshiman!?びっくり!?






































































人違いでした・・・






























このトリケラトプスも実際、撮影で使われたものらしいです。



















うっ!!!


























やばい!!!















ここは完全にoshimanのテリトリーです。























こんなパーツで出来ています。

意外にぼくはこれ系には興味がありません。





















もうちょっとお腹が一杯になってきたので終了です。























古い町並みとガラス工芸とマニアックなミュージアムの黒壁スクエア。




皆さんも行ってみて下さいね〜〜〜〜。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://tabatabatabat.jugem.jp/trackback/248
 
今日の現場監理
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from ldhomesjp. Make your own badge here.
               
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.